Q&A

Q

毛髪検査と血液検査の違いとは?

A
血液検査とは ●医師が行うもの ●科学的に検査され主流となる西洋の医療 ●IgEの数値が高い項目は、アナフィラキシーショックを起こしやすいかどうかがわかる ●負荷試験に最適 ●検査結果を公的機関に提出することができます。 ●近所の皮膚科や内科で検査することができます。 ●卵アレルギーなので卵を徹底的に除去している⇒卵の項目に数値が出る しまテストジャパンの毛髪を使ったアレルギー・不耐症テスト ●非科学的な検査 ●自然療法系の補完代替検査 ●報告書は、診断書としての利用NG、公的機関への提出NG ●”今ある不快症状は何が原因なのか”だけがわかる ●8段階の色別表示をしています。 ●アレルギーと不耐症の検査ができる ●卵アレルギーなので卵を徹底的に除去している⇒卵の項目に数値が出ない
Q

しまテストジャパンの検査の特徴は?

A
しまテストジャパンのアレルギー・不耐症テストは、今現在ある不快症状の原因が何なのかだけがわかるという検査です。 例えば、卵アレルギーで全く卵を食べないようにしている方が検査をすると、卵の項目に印がないという結果になることが多いです。 例えば、卵アレルギーだから卵を食べていないけれど、皮膚のかゆみがあるという場合、しまテストジャパンの検査では、反応のある項目すべてに色がつきますので、卵には印がつきませんが、その他の食べ物や添加物、洗剤等に印がつきます。 無印だった食べ物(食べていない未知の食べ物)に対してアレルギーや不耐症があるかどうかはわかりませんが、色のついた項目に対して食生活などの改善の手がかりとなります。 よって、アレルギー体質のお子さんで、ソバデビューをしたいが、ソバアレルギーがあるかどうか事前に知りたいという方は、しまテストジャパンのアレルギー・不耐症テストには向いていません。専門医を受診してアレルギー血液検査を受けてください。 またアレルギーの疑いがある方も、専門医を受診してください。
Q

どのような人におススメの検査ですか?

A
しまテストジャパンのアレルギー・不耐症テストは、下記のような方に”目安”として受けていただくことを目的として情報提供しております。 ●慢性疾患が続いているから参考にしたい ●食べ物や添加物や薬品等が原因だと思うけれど、ピンポイントで原因が知りたい ●食品以外にも多品目を検査したい ●痛みがない検査をしたい ●郵送で簡単に検査をしたい
Q

なぜ採取する毛髪は毛先か毛根?中間部分はなんでダメ?

A
科学的には証明できませんが、「毛根と毛先は、実際に検査してみて同じだった」が理由です。根元でも毛先でもどちらでも結果は同じなので、楽に採取できる毛髪部分をおススメしています。 たとえ毛先が傷んでいようとも成長が止まっていようとも、超ロングヘア―でも、1ヶ月以内の切りたてでなければ毛先で大丈夫です。不安な方は毛根近くをお送りください。長いまま送付せず、根本部分または毛先部分の3センチから5センチだけ、30本程度お送りください。 毛先または毛根部分は最新の結果が現れます。髪は根元から伸びますが、毛先も伸びます。 しまテストジャパンのアレルギー・不耐症テストは、DNA検査ではありません。DNA検査の場合は根元部分が最新情報なのですが、しまテストジャパンのアレルギー&不耐症テストは、非科学的な位置づけの「成分の波動の性質」を利用した検査です。根元と毛先部分は全く一緒ですが、中央部分は違います。
Q

なぜパーマ・毛染めの翌日の採取でいいの?

A
実際に、パーマや毛染め後の毛髪を使って検査をしても全く同じだったからです。 毛染め剤が合っている方は、毛染め翌日でも項目に色はつきません。 毛染め剤が合わない方は、毛染め剤の項目に色がつきます。
Q

毛髪がない人、髪の毛が薄い人は? 赤ちゃんは?

A
●毛髪(頭髪)がない場合は、爪でもお申し込み可能ですので、採取方法確認のため、まずご連絡ください。 すね毛、胸毛、腕毛などは、情報量が弱いためNGです。 ●坊主頭の場合、伸ばしてからお申し込みください。最低3㎝の毛髪が必要です。 ●赤ちゃんでまだ髪が生えていない場合は生えるまでお待ちください。離乳食開始前の赤ちゃんの場合はお母さんと一緒または、お母さんだけが受けることをお勧めします。 1歳未満の赤ちゃんの毛髪は情報量が弱いため、赤ちゃんの項目のQ&Aをお読みください。
Q

かなり前にカットした髪の毛を検査してもいい?

A
検査自体は出来ます。ただし、採取したときの情報となります。 採取したときの食生活などをメモしておくことをお勧めします。 最新の状態を知りたい場合は採取したばかりの方がよいです。
Q

1歳未満の赤ちゃんの検査

A
赤ちゃんはあまり食べ物を食べていないので、毛髪からの情報が非常に微弱で読み取るのが大変困難です。よって、1歳未満の赤ちゃんの毛髪での検査したいという場合、下記の事項についてお知らせください。 母乳かミルクか混合か 母乳の場合、お母さんが食べているものとその反応 離乳食が始まっている場合、開始時期。 離乳食で食べている食材すべて 1歳以上でしっかりご飯を食べている場合は、連絡の必要はありません。 また、663項目だと、項目数が多すぎてほぼ空白になってしまい検査代金がもったいないので、100項目をお勧めします。また、母乳の場合はお母さんがいろいろ食べているのでカラフルな報告書になると思いますが、ミルクで離乳食の種類が少ない場合はほとんど白紙になってしまいますので、こういう場合は、お母さんも一緒に検査を受けることをお勧めします。母乳の方は特に母子で一緒に検査を受けていただくと分かりやすいです。
Q

食事除去中。毛髪検査の結果を参考にして負荷試験をしたい。

A
おススメできません!医療機関での血液検査を受けてください。 卵を徹底的に除去していると卵の情報は髪の毛には出ません。 髪の毛に情報がないからといってアレルギーではない、というわけではないのがしまテストジャパンのアレルギー・不耐症テストの特徴です。 アレルギー体質だから、血液検査を元に食事除去をしている、生まれてから一度も食べていないものがある、今後の食事の幅を広げるのに毛髪を使った検査でさらに詳しく知りたいというための検査ではありません。 卵を若干食べていてそれが検査の結果に出ないという場合は、その程度なら食べても体に負担がかかっていないということになりますので、そのままの量を食べ続けていいという目安になります。 よって、いろいろな種類を幅広く食べている方で体調にお悩みがあるという方には非常におすすめの検査です。 色々除去しているもののまだアトピーが改善しないとか、どうも調子が悪い、成長スピードが遅い、という場合は、別のもの(大丈夫だと思っていて食べているもの、洗剤などの環境系)が原因の可能性がありますので、そういう症状の方に是非受けていただきたい検査です。
Q

検査が怪しすぎるんですけれど?

A
ごもっともです!時代の先を行き過ぎている検査なので怪しく感じてしまうのだと思います。 西洋医学が主流ですので、それ以外のものは、補完代替医療、自然療法、ホリスティック等と言われています。しまテストジャパンのアレルギー・不耐症テストは、波動の性質を利用した補完代替検査です。 補完代替医療は、東洋医学の場合、漢方や鍼治療、整体があります。鍼や整体も以前はうさんくさい部分に入っていましたが、日本ではだいぶ普及してきて保険も効くようになってきました。中国系東洋医学は確実に日本に浸透してきています。 その他東洋医学に似た「自然療法」として、ハーブティー、アロマセラピー、フラワーレメディー、ホメオパシーなどがあり、ヨーロッパで浸透しています。 しまテストジャパンのアレルギー&不耐症テストはイギリスからの自然療法系の波動系ですので、ホメオパシーやフラワーレメディ寄りの検査となります。
Q

送料について

A
●PDF版は無料です。PDF版を購入してください。 ●印刷郵送代は一律1500円です。 検査キット(申し込み用紙・返信用封筒)、検査報告書、報告書についての説明書の印刷と郵送代となります。 ●複数お申込みの場合の送料 1住所あたり1500円です。
Q

銀行振込をしたい

A
銀行振込も受け付けておりますのでお問い合わせください。
Q

レビューについて

A
レビューを書いていただける場合には、購入する画面で、レビュー割引のクーポンとして、reviewと入力してください。500円の割引となります。ご感想はお客様の声のページに掲載いたします。 お客様の声のページ https://note.com/shimatestjapan/m/mc3b8bfa2ae9d レビュー投稿フォーム https://ws.formzu.net/fgen/S389738955/